このような状況では起業を考えよう

会社設立はどんな状況でも有利かというとそうではありません。起業をした方がいい人と、このままフリーランスで活動した方がいい人など様々なので、自分はどちらかという判断をしなければなりません。ここではどちらで活動をした方がいいか悩んでいる方のためにも起業をした方がいい条件について話します。

まず1つ目の条件としては個人だけでは運営ができなくらいの規模になった場合です。例えばクライアントからの依頼が増え、一人では対処しきれないなどの場合は起業について考えて会社として活動をした方が従業員も集めやすく、負担を軽減させることができます。事業の規模などを見て判断するといいでしょう。

続いて2つ目は収入の面もチェックしておきましょう。例えば一か月にそれほど多くの収入を得られていないという場合は起業について絶対に考えなければならないかというとそうではありません。しかし、年間の所得が500万円以上になると法人化した方が給与所得控除が使えますし、経費の幅も広げることができます。個人事業主のままでは損をする可能性が高いので、収入に応じて会社設立をするかどうかは検討した方がいいです。しっかりと考えておくことで失敗することも少なくなります。

会計事務所に会社設立の代行依頼

会社を設立するためには代表となる人が全て自分で手続きをしなければならないのかというとそうではありません。必ずしも自分で手続きをしなければならないということはないので代行サービスを利用することができます。主に会計事務所に依頼をすることになりますが、実際に代行サービスを活用して会社設立をする利点はどんなことが上げられるのでしょうか。ここでは利点について話します。

会社代行を依頼しよう
出典 <会社設立代行や税務顧問の無料相談は税理士法人アディーレ会計事務所>

まず1つ目の利点はスムーズに手続きを進めることが可能だという点です。会社を設立するためにはいくつか申請書の記入をしなければなりません。個人事業主の手続きに比べると手間がかかり、何かと面倒です。その為、初めて手続きをする人はスムーズに進めることは難しいですが、会計事務所に依頼をして代行してもらえばスムーズに手続きを完了してもらえるので起業までに時間がかかりません。なるべく手間をかけずにスムーズに起業をしたい方は依頼を検討するといいでしょう。

また2つ目は費用面でも利点があります。会計事務所に依頼をすれば手数料などを抑えることができ、それほど多額な費用がかかるということはありません。リーズナブルな価格で依頼することができるというのも魅力的な部分です。

会社設立の利点を知ろう

将来的には自分の会社を株式会社にしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。実際に会社設立をしたいと言っている人は多いです。しかしどうして個人事業主ではなく会社設立をしたいと思う人が多いのでしょうか。それは様々な利点があるからです。具体的にどんな利点があるのかについてここでは紹介します。

まず1つ目は資金調達が楽になるという利点があります。株式にしたら絶対に何億、何十億と借りることができるとは限りませんが、個人事業主に比べると金融機関からの資金調達はしやすいと言われています。個人事業主と企業では融資条件が異なるので、資金調達が必要だという場合には会社設立を考えた方がいいと言われています。

続いて2つ目の利点は従業員を集めやすいという点です。近年はどちらかというと不景気の時代であるため、新卒で就職先を探している人たちはできる限り安定を求めて会社を探します。企業でも絶対的な安定はありませんが、個人事業主に比べると安定しているため、企業へ就職をしたいと思う方が多いです。従業員を集めて新たに事業を始めたいと思っている人は会社設立について考えるといいでしょう。

このように、2つの利点について話しましたが、他にも会社を設立することによって得られる利点は多いです。このサイトではこれから会社設立について考えている人のためにも。代行サービスの活用やどんな状況になったら起業をしたらいいのかの2つについて紹介します。