このような状況では起業を考えよう

会社設立はどんな状況でも有利かというとそうではありません。起業をした方がいい人と、このままフリーランスで活動した方がいい人など様々なので、自分はどちらかという判断をしなければなりません。ここではどちらで活動をした方がいいか悩んでいる方のためにも起業をした方がいい条件について話します。

まず1つ目の条件としては個人だけでは運営ができなくらいの規模になった場合です。例えばクライアントからの依頼が増え、一人では対処しきれないなどの場合は起業について考えて会社として活動をした方が従業員も集めやすく、負担を軽減させることができます。事業の規模などを見て判断するといいでしょう。

続いて2つ目は収入の面もチェックしておきましょう。例えば一か月にそれほど多くの収入を得られていないという場合は起業について絶対に考えなければならないかというとそうではありません。しかし、年間の所得が500万円以上になると法人化した方が給与所得控除が使えますし、経費の幅も広げることができます。個人事業主のままでは損をする可能性が高いので、収入に応じて会社設立をするかどうかは検討した方がいいです。しっかりと考えておくことで失敗することも少なくなります。